プロアクティブリスニングのすすめ:英語ミーティングについていけない人(私)にこそ超大切な「聞く技術」

以前「社会人になってからTOEICを受けて感じたこと – TOEICって結局仕事面で役に立つのか」という記事でも書きましたが、私は今なお英語に課題意識を持つ中で、日々英語を使って仕事をしています。入社してしばらく特に辛かったのがミーティング。

たとえTOEICで良い点数を取っても、実践の場では悲しいほど力及びません。話に全く付いていけないことが多く、悔しい思いをする日々。途中から話を見失い、地蔵のように黙り込んだり、ズレた回答をしてしまう自分を不甲斐なく思うばかり。

続きを読む

社会人になってからTOEICを受けて感じたこと – TOEICって結局仕事面で役に立つのか

個人のブログに投稿をするのはかなり久しぶりですが、備忘録としてちょうどいいので恐る恐る更新します。先日、7年ぶりにTOEIC受けてみました。

結果(現時点では点数のみ)がWeb上で確認できるようになったのですが、960点。私は帰国子女でも本格的な留学経験があるわけでもないので、こうして手応えを感じることができるのは嬉しいです。

続きを読む

社交ダンス専門誌「ダンスビュウ」で連載開始しました。

雑誌「ダンスビュウ」さんにて、「あなたがきっと知らない世界の社交ダンス事情」という連載をさせていただくことになりました。今回は2ページ、6月末以降は1ページで毎月掲載となります。

ブログ自体は1年以上更新せずにいましたが、昨年2015年10月から世界各国を旅しつつ(俗にいう世界一周というやつです)、合間を見てライターとして記事を書いています。

続きを読む

とある心優しいシューズブラシ屋さんの話。

セブに来てから家族のようにお世話になっているダンスチーム「Dancesport Team Cebu City」。ちゃんとしたコーチャーも少ないし、てかそもそもプロの方自体あんまりいないし、本来社交ダンスなんて経済的にできる人がほとんどいない。そんなセブで、街を巻き込んで、人を巻き込んで、貧しい子どもたちであってもダンスを学ぶ機会を与えている彼らの活動の尊さに、いつも共感しています。

続きを読む