フィリピン・セブ島、社交ダンスのススメ。

Pocket

昨年社交ダンス雑誌「ダンスファン」さんに寄稿をさせて頂いて依頼、セブの社交ダンスに興味がある方々から、ちらほら質問を頂くようになったので、一度情報をまとめておきます。私にとってはもはや今の生活の一部で、ダンサーたちは家族のような存在なのですが、あらためてご紹介できればと思います。

フィリピン・セブ島で社交ダンスをする良さについて

一番のメリットは、何といっても安さだと思います。1時間しっかり現役のアスリートからマンツーマンで教えてもらって、400ペソ(約1,000円:うち100ペソはスタジオ使用料。グループレッスンの場合は、ひとりあたり何と100ペソ。日本ではプロの方に1時間習うと1万円を超えることもありますよね。

私自身、大学時代に社交ダンス(競技ダンス)を習っていましたが、学割があるとはいえ学生には正直かなり大きな負担でした。練習をするにも、先生に習うにも、試合に出るにも、何をするにもお金がかかる。友人たちも皆、時間の合間を縫ってアルバイトをしていたのを覚えています。

もちろん、物価が非常に安いフィリピンにおいては、お金のかかる趣味に入ることに変わりありませんが、「社交ダンス=敷居が高い」と思っている方は、気軽に始められてとても良いかと思います。

良い運動にもなりますし、姿勢も良くなると思います。英語を勉強している方にとっては、学校以外で英語でコミュニケーションを取れる絶好の機会でもあるかと。

セブで社交ダンスを習うなら、どこに行けば良いのか

 

日本には、迷ってしまうほどたくさんの社交ダンススタジオがありますが、セブでは迷う必要がありません。なぜなら、スタジオらしいスタジオは1箇所しかないからです。笑

Dancesport Team Cebu City(通称:DTCC)」のスタジオは、Abellana Sports Complex(通称:アビリアナ)という現地の市民スポーツセンターのような所の中にあります。セブシティ中心のオスメニアサークルから、タクシーで3分くらいです。「アビリアナ(スポーツ・コンプレックス)」と伝えてもらえれば、タクシードライバーはほぼ皆分かります。

入り口で15ペソ(40円くらい、夜間は20ペソ)を入館料として払って中に入ると、目の前にプール、左手にグラウンドが見えます。そのままグラウンドの中に入らず、プールの左側に沿って進んでいくと、すぐにDTCCのスタジオです。子どもたちや若いアスリートたちが踊っているので、割とすぐに分かるかと思います。(↓スタジオ概観↓)


※ちなみに、「社交ダンス」という意味では「Ballroom」という言葉がよく使われますが、より競技性の高い「競技ダンス」は、「Dancesport」という言葉が使われます。(結構古い話にはなりますが、ウッチャンナンチャンのウリナリで、何となくイメージがつく方が多いのでは。)

スタジオの雰囲気


アスリートたちの練習風景はこんな感じです。ビデオに映っているのは、私を教えてくれているEoと、パートナーのDesiree。彼ら2人に限らず、アスリートたちの身体能力と表現力には日々驚かされるばかりです。

日本では「社交ダンス」と言うと、年齢層の高いスポーツというイメージがどうしても強いですが、DTCCでは、若いアスリート達やたくさんの子どもたちが日々練習に励んでいるので、エネルギーに溢れています。

ダンスが「生きがい」になっている子どもたちの存在

実は私が「セブでダンスを始めて良かった」と思う一番の理由は、ダンスそのもの以外のところにあります。ここセブでは、社交ダンスが「単なるお金持ちの趣味」ではなく、地域に貢献している様子を目の当たりにできます。DTCCのコーチやアスリートたちは、ストリートチルドレンなども含め、子どもたちに無料でダンスを教えています。中でも熱心に取り組んで人格も良いと認められる子には、学校に行く支援なども行っています。ダンスが単なる人々の趣味にとどまらず、子どもたちに希望を与え、夢を与えるきっかけの場になっている。本当に尊い取り組みだなと、常々感じます。

おまけ:ちょっと注意点

私は既にセブでの生活に慣れているのでそこまで問題ないのですが、旅行や留学などで初めて来た日本人の方は知っておいた方が良いだろうなー、と思うことを最後にいくつか挙げておきます。

  • フィリピンの人の時間感覚:フィリピンの人は基本的に非常にのんびりしていて、陽気で大らかなのですが、その分時間にはルーズなことが多いです。ダンスに限った話では全くありませんが、遅刻・スケジュールの遅延などはある程度想定しておいた方が無難かなと思います。
  • お手洗い:なぜか便座がないトイレが多い。。。トイレットペーパーもない場所が多いので、自分で持っておいた方が良いです。アビリアナのお手洗いも同様です。
  • 体験レッスン:マンツーマンの体験レッスンは300ペソ(teacherへの指導代・スタジオ使用料無料)で行けます。が、人によっては把握していないことも多いので、ちゃんと「Trialだから300ペソだよね」とあらかじめ交渉しておくことをお勧めします。。

Contact Info

<Dancesport Team Cebu City Training Center>
Address: Cebu City Sports Center Osmena Blvd. Cebu City
Tel: (032)415-5844, 0922-540-6693(Jenette宛、携帯テキスト可)

Facebookページ: https://www.facebook.com/Dancesport-Team-Cebu-City-132577323422325/

 

※2017.02.01 追記

Emailしてくださった皆さま、ここ1年以上全くメールをチェックしておらず大変失礼しました。皆さまが無事にダンスを楽しまれたことを心から願っています……!
私は既に帰国しており、普段のお仕事もありまして、今後直接のお手伝いは難しいのですが、スタジオのfacebookページか電話が一番確実かと思います。

その際、下記のように聞いていただくと、ある程度スムーズかと思います。

Hi Jenette, I would like to have a trial lesson at DTCC. Is anybody available for (選んでくださいLATIN/STANDARD)  from 6pm on xx/xx? I will be staying in Cebu from  x/x to y/y. I heard about your studio from Nana and she mentioned the first trial lesson would be 300 pesos, is it correct?

例:こんにちは、Jenette。DTCCで体験レッスンを受けたい。(ラテン/モダン)のレッスンで、誰かxx月xx日の午後6時(時間は適宜変えてください。)から空いている人はいるか。私はx/x- y/yまでセブにいる。Nanaからあなたたちのことを聞いた。体験レッスンは300ペソと聞いているが合っているか。)

 

それでもお困りの方はメールにてご連絡ください。私のパートナーのEo(上の動画の彼です)とお繋ぎします。彼は(現在はけっこうぽっちゃりしていますが)挨拶程度の日本語が分かるのと、1,000人以上を教えてきた経験もあるので、ラテンの講師としては適任かと思います。

メール: dance.cebu[@]gmail.com

こちらのメールは今後は確認するようにしますが、どうしても普段の仕事があり、現状こちらのボランティアには時間をほとんど割けていません。
返信に遅れがでる場合や、お手伝いが難しい場合もありまして、その点はご了承いただけますと幸いです。

<体験レッスンの時>

  • 服装:動ける格好であればOKです
  • 靴:シューズ着用の方が好ましいです
  • グループレッスンは最低5人くらいは集める必要があります
  • 通常400ペソのところ、体験であれば300ペソで行けるはずです。レッスンの前に必ず確認することをお勧めします。
  • 水・飲み物:中で買えます(休日はあらかじめ買っておいた方が無難)
  • 食べ物:中にありますが、慣れていない人はコンビニ等で買っておいた方がよいかも

文化の違いは少しあるかもしれませんが、アスリートやこどもたち、スタジオのオーナーやスポンサーの方、皆さん本当にフレンドリーで優しいです^^*アビリアナでは、ジョギングやその他バドミントン、ベリーダンス、水泳などもかなり安くできるので、ぜひ一度遊びにきてくださいね!

Pocket

このブログを書いている人

コメント

  1. なおこ より:

    まさしく探していた情報です。来月行きますが、現地でお目にかかって直接お話をお聞きかせいただきたいと思っています。よろしくお願い致します。

  2. なおこ より:

    まさしく探していた情報です。来月行きますが、現地でお目にかかって直接お話をお聞きかせいただきたいと思っています。よろしくお願い致します。

    1. なおこさん、初めまして。
      ななほと申します。

      こちらのメッセージに本日気付きまして、ご連絡が遅くなり大変申し訳ありません。

      私は既に帰国しており、普段のお仕事もありまして、直接のお手伝いは難しいのですが、スタジオのfacebookページからメッセージをいただくのが一番早いかと思います。

      <Dancesport Team Cebu City Training Center>
      Address: Cebu City Sports Center Osmena Blvd. Cebu City
      Tel: (032)415-5844, 0922-540-6693(Jenette宛、携帯テキスト可)

      Facebookページ: https://www.facebook.com/Dancesport-Team-Cebu-City-132577323422325/

      その際、下記のように聞いていただくと、ある程度スムーズかと思っています。

      Hi Jenette, I would like to have a trial lesson at DTCC. Is anybody available for (選んでください:LATIN/STANDARD) from 6pm on xx/xx? I will be staying in Cebu from x/x to y/y. I heard about your studio from Nana, she mentioned the first trial lesson would be 300 pesos. Is it correct?

      例:こんにちは、Jenette。DTCCで体験レッスンを受けたい。(ラテン/モダン)のレッスンで、誰かxx月xx日の午後6時(時間は適宜変えてください。)から空いている人はいるか。私はx/x- y/yまでセブにいる。Nanaからあなたたちのことを聞いた。体験レッスンは300ペソと聞いているが合っているか。)

      もしくは、私のパートナーであれば、直接facebookでお繋ぎすることも可能です。(現在はかなりぽっちゃりしていますが、挨拶程度の日本語は分かるのと、1000人以上教えて来ているので、ラテンの教え方はかなり信頼しています。)

      その場合はメールをいただけますと幸いです。 dance.cebu[@]gmail.com

      返信は遅くなってしまうかもしれませんが、今後はメールを極力チェックしておきます。

      Nana

  3. なおこ より:

    お忙しい方に、現地でお目にかかって、、は勝手なお願いで申し訳ありませんでした。レッスンを受けに出掛けたいと思いますが、先生はどのように探し出せば良いでしょうか?マンツーマンを希望しています。事前予約や連絡の必要はどうでしょうか?英語は片言です、。返信をお待ちしていますのでお願い致します。

  4. 秋江 より:

    ななほさん
    3/24日に貴女のメールを見てセブのスポーツセンターに行って来ました、ラテン好きの77才と孫15才(男)レッスンして来ました、夜はdiを紹介してもらい、ジャズ&ブルースで踊って来ました。ななほさんのおかげでセブを楽しんできました。

    1. 秋江さん
      コメントありがとうございます!セブを楽しまれたとのこと、とても嬉しいです^^

コメントを残す