【イベントメモ】Ziba濱口秀司氏セミナー「ビジネスデザイナーになろう!」

Pocket

Zibaの濱口秀司氏のセミナーがとにかく目からうろこだったので、内容をまとめました。
走り書きですがご容赦ください。

f:id:sanuco74:20120911184259j:plain

新しい職種、ビジネスデザイナー

・新しい職種(あまりにも新しくて、現状儲からない)

・プロセスがない

(a,b,cをやればdを得られるとは言えない。

ただし、a,b,cをやればdを得られる可能性が高くなる

「プロトコル」はあり、それらのプロトコルは

他の人に真似ができない)

・特殊な技術は要求されない

・Break the Biasバイアスを崩す

(少し離れて、みんなが「こうだ」と言うものを、

視覚化して、揺るがしていく)

(話を聞いて、モレなく、先入観を触ってつぶして行く)

 

ビジネスデザイナー=「シフト」を作る人

※どんなシフト?

新しい(new)

実行可能・できる(doable)

物議をかもす・議論を生む(controversial)

(「好きだ」「反対だ」という両方の意見が戦わされるもの)

先入観に対抗する

先入観に対抗⇒不確実性が生まれる

⇒不確実性の高いものを議論(着地点がない)

⇒その中でイノベーションが生まれて行く

0→1は、天才しかできない

ポイントは、「1からスタートすること」

ただし、その1は「バイアスがかかっているもの」

1=私たちの固定観念(深い固定観念)

ビジネスデザイナーの生息地

ビジネスデザイナーの獲物=全て

ビジネスデザイナーの好物⇒Business/Technology/Chartの全て

Company⇒B T C⇒Consumer

1980年代はT(technology)の部分で集中してシフトが起きた

今は全てのゾーンのあらゆる部分でいろいろなシフトが起きている

⇒えり好みせず、全体を見て行かなければならない

時代背景と、ビジネスデザイナーの必要性

commercial ⇒ industrial ⇒ information

商業資本主義 ⇒ 産業資本主義 ⇒ 情報資本主義

(すごい船)(すごい工場)(すごいアイデア)

「触れるもの」「組織」で戦う時代から、「アイデア」で戦う時代に

濱口氏の、ビジネスデザイナーへの道

Concept | Strategy | Decision | Execution

←←←←←←←←←←←←←←←←←←

濱口氏は、働き始めの当初、一番右の部分にいた。

図の右に行けば行くほど、自由度が落ち、制限が加わって行く

右に行けば行くほど、労力は増して行く

左側に関しては、「やり方がない」うえに、

時間を与えると失速する

(時間を与えれば良いコンセプト・戦略が生まれる訳ではない)

右になればなるほど、「やり方はある」

現状:C,S,Dに関して、やり方がない

⇒ないなら「作る」!!⇒ビジネスデザイナーに。

Understand | Framework | Shift | Involve

これをひたすら回す、繰り返す

・バイアスの仕組みを「理解する」

(ぐにゃぐにゃしたものを潰すことができないように、

構造が分からないと潰せない)

・潰せるように「実体化する」(ビジュアライズ)

※目的、スコープ(範囲)、切り口→潰しやすくなる

・先入観を潰して「シフトを作る」

・人に説明して「巻き込む」

※「人がどう考えるか」「なぜそのように考えるか」を理解する

・どうしてその発想をするのか、アイデアそのものに着目

・どんなエンジンでそれを生んでるのかを分析

ビジネスデザイナーの道具

notebook+pen+brain +brains(自分以外の人)

・クライアントさんの資料は持たない

・インターネットで調べない

・自分のバイアスと、自分以外の人のバイアスを考えるのは、

・一人では相当きつい⇒他の人の頭が必要

・ある特性を持った人が、考え方にどういう特徴を持っているのかを探る

ビジネスデザイナーのノートの中身

diagram | doodle(ポンチ絵、人型の絵)

なんとなくシンプルで、視覚化されていて、ロジックがある

「なんとなく」あまり細かくいろいろなものを定義しすぎない

ビジネスデザイナーの脳と、苦悩

Structured Chaos

・スイートスポットは真ん中でも、人口分布が左右に分かれてしまっている

・何となく直感で考える人間と、ロジック大好き人間に分かれやすい

・真ん中の人間が少ない

・更に右と左の人間は対話ができない

ビジネスデザイナーの決め技

Break the Tradeoff

トレードオフをつぶす

(A,Bがあって、AがあるとBができない、逆にBがあるとAができないという状態)

⇒そのトレードオフを崩せれば、イノベーションの可能性が生まれる

ビジネスデザイナーのブレストの方法

・小さなアイデア⇒大きなアイデア

・その前段階で、切り口

(女性向けのものを男性に売ってるとか)

・そのモデルがフレームワーク(切り口の組み合わせ)

・具体的なアイデアと抽象概念をつなげる

Lv1アイデアたち⇒ひとつのアイデアに

Lv2カテゴライズなどして、切り口に触れながらアイデアを作る

Lv3ビジネスデザイナーのブレスト

=総合的、包括的な方法で、とにかく左側にタッチしてから戻る

※ブレストのモチベーションはアイデアを出すところにあるが、

・いったん抽象概念までのぼるのは大変

・抽象概念をロジカルに捉えるのは難しい

⇒みんなやらない

Framework+ing

「フレームワーク」=複雑なものを理解するためのツール

フレームワーキング=フレームワークを作り続ける

・バイアスに犯されにくい

・最終的にはバイアスを潰す

※tagline | story | diagram | doodle

tagline:シンプル、簡単に一言で

story:どんな展開なのか5行くらいで

ビジネスデザイナーの天敵=情報

・最初は自分の知ってるレベルの中の情報で、頭の中で遊んでるだけ

・その後聞いて、理解して、フレームワーキング始める

・初手から少ない情報の中でハンドリングする

・新しいアイデアがあったら追加していく

・違和感があったら発想としておもしろいので、切り口として残す

ビジネスデザイナーの心

trust⇄doubt

信じる疑うの繰り返し

最初はみんな不確実なので信じてくれない

新しいものは自分でさえ理解できないかもしれない

一定の時間考えたものは、逆に無理にでも信じる

ビジネスデザイナーのメンタリティ

diligent | serious

まじめ|真剣

・まじめだけど真剣じゃない人が多すぎる

・アントレプレナーとかは、真剣だけどまじめじゃない人が多い

ビジネスデザイナーの飼い方

放し飼いか、農場で

farm | free-range

・大きな会社で養殖状態も実現しようと思えばできる

・会社の規模などは、結局は関係ない

ビジネスデザイナーのえさはアドレナリン

アドレナリンは中毒性

・新しいことを思いついた瞬間(「きたー!」ってやつ)

・反対されたとき

・それを乗り換えて成功したとき

ビジネスデザイナーのなり方

just do it + think different + from here/ now

(Nike+Apple+ヒカリエ)

注:イベント会場がヒカリエだったから

※自転車の乗り方と一緒

・行きたい方向を見る(シフトつくる)

・スピードだしてやってみる

・何回かこける(失敗も大事)

————————————————————————

文責 : @sanuco_74
Pocket

このブログを書いている人

コメントを残す


CAPTCHA